Facebookページ、ぷかぷか日記、相模原障害者殺傷事件、みんなでワークショップ、子ども達にオペラを・ゆめ基金、たくさんの物語、メンバーさんの日記、アクセス、

安心して食べられるおいしいパン、お惣菜、お弁当、食事を提供しています。

運動会

a:2226 t:1 y:1

運動会

第5回運動会(2015/10/04)



第4回運動会(2014/10/5)

ぷかぷか日記
クリックしてください。

第3回運動会(2013/10/06)

 地域の方たちの参加が20名ほどあり、昨年よりもにぎやかな運動会になりました。小さな子どもたちの参加が多く、親子で楽しんでいらっしゃいました。
 赤ちゃんを背中に背負い、3才くらいの小さな子どもの手を引っ張ってリレーで全力疾走するお母さんもいて、すごいなーと感心しました。本気で走るところがすばらしいと思いました。子どもを抱えて本気でけんけん競争したお母さんもいました。
 騎馬戦もずいぶんエキサイトしました。上にのっている子どもはもちろん、馬になったお父さん、お母さんも一生懸命でしたね。
 地域の人たちと障がいのある人たちとの楽しい出会いもあったようです。一緒になって運動会を楽しむ姿がいいなと思いました。



昨年も参加した人の感想

昨年始めてぷかぷかさんの運動会に参加させていただいて
最高に楽しかったのに、すっかり味をしめて
今年は2回目の参加となりました。

 当日は寝坊をしてしまって、開始時間に少し遅れてしまったのですが
誰にもなんにも言われずに、何食わぬ顔をして
みんなの輪の中にするっと入ることができました。
これこれ、これがぷかぷかワールドなのです。
 
 まず最初に、4つのグループに分かれてから
髪の毛の長い順番に並んだり、
目の大きい順に並んだりしながら
軽く仲間づくりをして
いよいよ運動会の始まりです。
 
 二人三脚レースの時、私のチームは
足を結わえた紐が交代の時になかなか解けずに大ブレーキ。
でも誰も文句も言いません。

 私はT君と組みましたが
始まる前に、「外側の足から1、2と声をかけながら走ろう」
と打ち合わせをしたので大成功でした。
走り終わって2人で、「結構うまくいったね。」と喜び合いました。
 
 また今回は嬉しいことに
T君という小さな可愛いお友達ができました。

 風船割り競争の前には
大きな音が苦手だというT君は、ママにしがみついていましたが
始まってしまったら、すぐにあっさり克服。
残った風船も、ひとりで走って割りに行っていました。
ママも「絶対ダメだと思ったのに、信じられない~!」と喜んでいました。
なんだか私も嬉しくなりました。

 騎馬戦でも、最初ちょっと引っ掻かれて泣いてしまったけれど
頑張って3つも取りました。
T君はずっしり重たくてちょっぴり大変だったけれど
上でT君が頑張っているから
ここが踏ん張りどころと私も頑張りました。

 私が握ったT君のお手々は、暖かくてぷくぷくしていて
食べてしまいたくなるくらい可愛いお手々でした。

 運動会が終わった後には
お母さんたちが準備してくれたおにぎりと豚汁で
楽しくお昼ご飯。
運動の後のご飯は最高でした。
今日は、おかげさまで良いひと時を過ごす事ができました。
ごちそうさまです。ありがとう。

 そして 今日はまた、朝の混雑した横浜線の中で
昨日の運動会を思い出してニタニタしてしまいました。

 これを書いている今も
なんだかニタニタしてしまう私なのです。

 これだからぷかぷかさんの運動会はやめられない!
次回はまたどんな出会いがあるのか もうすでに楽しみにしています。



障がいのある子どもと一緒に参加したご夫婦
 昨日は、ぷかぷかの運動会でした。初めて参加させてもらいました。ふっと
 ぷかぷかのパン屋さんに行った時に、運動会お知らせが!!
 小学校の運動会で波に乗っている武!参加するのは、今でしょ!と思い、家族
 3人での参加です。始め、パパは、乗り気ではありませんでした。(すみません)
 仕事で疲れているし、気分も・・・。という理由です。

 しかし、行ったらどうでしょうか?あんなに、笑顔のパパは最近見かけた事が
 ありません。そして、皆さんと自分からも関わっていて、”また来年もね”っと
 嬉しそうに話していました。武だけではなく、みんなが楽しく過ごせました。
 
 そして、武ですが、運動会のおかげで苦手だった事、今までの武ちゃんなら
 難しかった事が出来ました。 
 それは、風船割り・・。おしりで風船を割って次の人にバトンタッチの競技です。
 風船は好きですが、割る、割れる音など、聴覚が過敏な武には到底できるとは
 思っておりませんでした。そして、始めは、”怖い、ママと一緒に・・・”と不安気
 でした。しかし、競技が始まり、みんなが楽しそうにおしりで割る姿を見て、
 自分も真似して、”自分でやる!”と積極的に行きました。耳も塞いでいません。
 本当にびっくりと共に嬉しかったです。

 ”武ちゃんとお友達になれた”と言って下さった優しいKさんや色々と声をかけて
 下さったぷかぷかの皆さんや参加されたご家族の皆さん。
 最後にトン汁やおにぎりをごちそうして下さった方々に感謝でいっぱいです。
 これからもどうぞよろしくお願い致します!そして、来年も・・・楽しみにしています。


画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明



第2回ぷかぷか運動会(2012/10/28)

最高に最高に楽しい運動会

先日はぷかぷかのパン屋さんの運動会に参加させていただいてありがとうございました。

久々に運動をしたので翌日は筋肉痛かしら と思っていたのに、そうでもない。
そんな、運動会でした。

ちょっと遅れて行って輪の中に入ったのに、誰も何にも言わない。
4チームに分かれて競争して、1等、2等・・って決めるのに、チームの人数が多少違っていても、誰も何にも言わない。
玉入れのかごが傾いていて、絶対こっちのチームの玉が入りにくくて負けてしまっても、誰も何にも言わない。
種目が途中で増えても、誰も何にも言わない。
こんな運動会、初めてでした。
そして、こんなに楽しい運動会、初めてでした。
今までで一番最高に最高に楽しい運動会でした。

「○○ちゃんのお母さん?」って聞かれて「違うよ。お客さんだよ。」って答えたら、
「いつもありがとうございます。またお店に来てね。」と言ってくれた男の子。

リレーの時に、私が「走るの苦手だから、代わりに走ってくれる?」と一人の女の子に頼んだら
「そんなに走ったことなくて、自信がないから一緒に走ってくれますか?」と言われました。
手を繋いで走り終わった時、「走れたね~。」と言って、二人で手を取り合って喜び合いました。

こちらから何回か話しかけても、うつむいて黙っていた子は、急にギュッて手を握ってくれました。

ゆるゆるしているのだけれど、でもみんな頑張っている。
そんな運動会でした。

私たちが、普段暮らしている世界は、厳しい競争があってみんな人に負けないように競い合っています。
そんな世界ももちろん大事なのですけれど、そうでない、けれど頑張っている、そんな世界があってもいいじゃない。
そんなことを思いました。

そういえば、これはぷかぷかのパンの味ですね。
そんな事を感じました。

霧が丘にこんな素敵なパン屋さんが来てくれたのだから、
ぷかぷかのパン屋さんにも、「霧が丘に来て良かった。」と言ってもらえる様な素敵な街にしたいな。
霧が丘に来てくれて、ありがとうございます。

翌日から、私はまた混んだ横浜線でぎゅうぎゅうになりながら出勤したのですが、
ギスギスの車内でも、運動会のことを思い出して、にやにやしてしまいました。
ぷかぷか効果ですね。
霧が丘のもっともっと多くの人が、私のぷかぷか効果に感染して
ぷかぷか病になれば、みんなもっと幸せになれるのにな~。




●●
先日は素敵な運動会をありがとうございました。
カンタにとっては人生初!私には何十年ぶりかの運動会でした。楽しみにしていたパン食い競争は張り切って走り出したものの、なかなか噛みつけずにいたら、抱っこしていたカンタが手で「はい」と加えさせてくれて…。夜、家で話してみんなで大笑いしました。
そしてカンタは今日も風船に乗っかってお尻で割っていました。
初めて会った方々とでも、予行練習なんかなくても、こんなに楽しく運動会はできるのですね。運動会のあとの豚汁とおにぎりのおいしかったこと!いろいろありがとうございました。


第1回ぷかぷか運動会(2012/4/22)



画像の説明
画像の説明
画像の説明
気を悪くしたら申し訳ないのだけれど
あれくらい適当な感じの
運動会が、利用者やこどもには
合っているのかもと思いました。
こどもはとにかく楽しかったと言っていました。
自分が今まで経験していた、学校や職場の運動会
準備にきりきりしていた自分や、
公正さに口を尖らしていた周りの人たちは
何だったんだと思いました。


 運動会までに1度しか顔を合せられなかったのですが、
皆さん、覚えてくれていてとても嬉しかったです。
運動会では、走ったり跳ねたりと体を動かして
久しぶりにリフレッシュできました。
そして何より、皆さんの笑顔と笑い声に癒されました。
私もたくさん笑って、元気になれました。
お土産に頂いたパン食い競争のアンパンもおいしく頂きました。
運動会が終わってから、十日市場のバス停で
声をかけてくれるメンバーさんがたくさんいます。
素敵な関係を築くことができた運動会でした。


 いつもぷかぷかのパンが大好きで,その作り方を教えて頂けるパン教室陶芸教室に参加させていただいている霧が丘に住んでいる者です。
今回,高崎さんにお声掛けしていただき,運動会に参加させていただきました。
実は,仕事の関係で参加できるかわからず,前々日に高崎さんに参加させていただきたいと連絡したら,快く承諾していただきました。
運動会の当日は,肌寒く曇りがちでしたが,会場の体育館の中では熱い戦いが繰り広げられました。ぷかぷかの利用者の方と普段パンを購入している人たちが一緒になって3つのグループに分かれていくつもの競技を行いました。
 競技中においては,利用者の方たちの楽しそうな笑顔がとても印象的で,会話が弾み,どこのチームも盛り上がっていました。競技がたくさんあり,普段運動不足の私としては少々キツイ部分もありましたが,パン教室で一緒に作っている皆さんのいつもとは別の顔をみることができ,とても楽しかったです。
特に,リレーや騎馬戦は,盛り上がり,見ている人たちも熱くなり,みんなで応援して,チームがひとつになれたことはとても感動的でした。
 競技終了後に利用者の皆さんのお母さんに作っていただいたおにぎり,豚汁をごちそうになり,すごく美味しく,ありがたくいただきました。子供は「今まで食べた豚汁の中で一番美味しい」と言っていました。本当にごちそうさまでした。
 運動会に参加し,まずは利用者さんのチームワークの良さ,みんなが互いの気持ちを考えながら行動していて,何事にも全力でトライしていることが伝わってきました。現在の学校や職場においては,自分のことだけを考えている人ばかりの集まりが多く,人間関係の一番大事な相手への思いやりが欠けていることを教えられました。このチームワークの良さがあるからこそ,美味しいパンがたくさん作れたり,カフェの美味しい料理ができたりするのだと感じ,ますます,ぷかぷかのファンになってしまいました。これからもぜひいろんなぷかぷかの企画に参加させていただきたいと思っています。
画像の説明
画像の説明 
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ぷかぷかパン