Facebookページ、ぷかぷか日記、相模原障害者殺傷事件、みんなでワークショップ、子ども達にオペラを・ゆめ基金、たくさんの物語、メンバーさんの日記、アクセス、

安心して食べられるおいしいパン、お惣菜、お弁当、食事を提供しています。

ミッション(実現したいこと)

a:1931 t:1 y:0


ミッション(実現したいこと)

障がいのある人たちといっしょに、お互い気持ちよく生きていける社会を実現します。

・障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ、というメッセージをさまざまな形で発信し、みんなが気持ちよく生きていける社会を実現します。

・ 生産の効率が落ちても、彼らといっしょに働いた方がいい、という新しい価値観を生み出します。(スタッフだけで働いた方が、ひょっとしたら生産量は増えるかも知れませんが、彼らのいない「ぷかぷか」は、なにかつまらないし、彼らといっしょに働いてこその「ぷかぷか」だと、スタッフたちは思っています。これはまぎれもなく「彼らといっしょに働いた方がいい」という新しい価値観ではないかと思うのです)

・「いい一日だったね」ってお互い言い合えるような、そんな一日をみんなで作ります。

・利用者さんの笑顔が絶えない職場にします。

・単なる就労支援ではなく、利用者さんの毎日が充実するような、楽しいと思える仕事を提供します。「仕事っておもしろい!」って思えるような仕事です。仕事について、そういった経験の積み重ねの先に、就労があります。

・「ぷかぷかカフェ」は小さなお子様連れのお客さまもゆっくりくつろげる雰囲気を、利用者さんと一緒に作ります。

・ 障がいのある人たちの文化、あるいは彼らといっしょだからこそ生み出せる文化を発信します。

・利用者さんの自立生活を支えます。

・利用者さんとお客さまの素敵な出会いの場を提供します。

健康な命を、未来に引き継ぎます。

・「カフェベーカリーぷかぷか」「ぷかぷかカフェ」「おひさまの台所」は 、お客さま(大人も子どもも)が安心して召し上がって頂けるおいしいパン、食事、お弁当、お総菜を提供します。

・添加物など、命を傷つけるものは一切使いません。

・安心して食べられる食材を厳選します。



ビジョン(5〜10年後の姿)

・ぷかぷかのメッセージを発信する回路を太くし、共感する人を5〜10倍増やします。

・外から見ても「楽しそうに働いていますね」って思えるような職場、利用者さんも、スタッフも目が生き生きしているような職場,笑いの絶えない職場にします。

・ぷかぷかパンのファンを増やし、売り上げを2倍に増やし、利用者さんの給料を2倍に増やします。

・安心して召し上がって頂けるおいしいパン、おいしい食事をたくさん開発します。

・新しい文化の発表の場として、毎年「ぷかぷか元気まつり」を開きます。それに向けて、月一回程度、地域の人たちにも呼びかけて、利用者さんといっしょに、みんなで楽しいワークショップを行ないます。

・空き店舗ではなく、広くゆったりしたスペースで、アート(創作)活動を楽しみます。そのスペースを創ります。

・グループホームを実現します。



バリュー(大事にしたい価値観)

・障がいのある人たちといっしょに生きていった方がいいよって素直に思える価値観。

・仕事は楽しくやるものと思う価値観。

・彼らといっしょに生きる毎日が楽しいと思う価値観。

・一日一日を大事にする価値観。

・命が大事、だから「安心して食べられる」ということはすばらしいと思う価値観

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ぷかぷかパン